主な議会用語   瀬戸市民言論広場編

【あ行】  

◎案件

処理または調査するべき事柄、議題となる問題

 

◎委員会

議会の内部組織として本会議における審議の予備的審査や調査機関として設置。本会議であつかう議案などについて、行政職員を交えて専門的な話し合いを行います。議案などを効率的、専門的に審査するために設けられるもので、地方自治法により条例で常任委員会、議会運営委員会、特別委員会を置くことができます。議員は必ずどこかの常任委員会に所属します。瀬戸市の常任委員会は総務生活・厚生文教・都市活力と全員所属の予算決算委員会です。

 

◎委員会報告

委員会に付託された議案などの審査や調査が終わったときは、報告書をつくり委員長から議長に提出します。

 

委員長報告

委員長が委員会の審査、調査結果を本会議で報告することです。

 

意見書

市民の生活にとって重要なことでも、それが国や県の仕事で市のちからでは解決できないことがあります。こんなときに地方自治法に基づき国や県に対し、市議会の意見として意見書を提出し改善などを伝えます。このとき提出する文書を意見書といいます。意見書と似たものに「決議」があります。これも 議会の意思を示すものですが、法的な根拠がなく行われるものです。

◎一般質問

議員が本会議で議長の許可を得て議案に関係なく市政全般について、市長など執行機関の考えや方針を会派または個人として質すことです。質問内容はあらかじめ議長に提出することになっており「発言通告」とよばれています。

 

【か行】  

◎会期

議会がその権限を行使し、法的に活動することができる期間。本会議初日から最終日までの間をいいます。会期は本会議初日に議長が会議に諮って決定します。

◎開議

その日の会議を開くことです。開議は議長が宣告します。

◎会議録

会議の次第をそのまま記録した公文書で、議事運営を公認する書類です。

◎会議録署名議員

会議録に議長とともに署名する議員のことで、会議日ごとに議長が指名します。

◎会派

市政に対して同じ考え方や意見を持っている議員がグループをつくって活動します。このグループを会派といいます。 平成27年5月現在の瀬戸市議会会派は、「自民新政クラブ」 11名、「ネットワークせと」4名、「公明党瀬戸市議団」4名、「せと未来」4名、「日本共産党瀬戸市議団」2名、「水曜会」1名となっています。

◎議案

議会の議決を要するすべての案件。議案は市長からと議員から それぞれ提案されるものがあります。予算など特定の議案は市長にしか提出権がありません。

◎議会運営委員会

議会が公正円滑に運営されるように話し合いを行い、意見など の調整を図る委員会です。議長の諮問に応じるほか、議案や請願、陳情などをどこの常任委員会に振り分けるのか「付託」を審査します。

◎議会事務局

議会の事務を処理するための行政組織です。瀬戸市は局長以下7名が担当しています。

 

◎議決

議題になっている案件について、表決の結果得られた議会での意思決定のことです。議案により賛否の結果表現が異なります。 予算、条例、意見書などについては「可決・否決」。人事案件は「同意・不同意」、専決処分は「承認・不承認」、請願は「採択・不採択・趣旨了承」といいますが、自治体により表現は異なります。

 

◎議決権

議会の最も基本的中心的権限で、議会の意思決定する権限です。

◎議事

会議における審議手続きのことです。開議の宣告、議事日程の決定、議案の朗読、提案理由説明、委員長報告、質疑、討論、表決などです。

◎議事日程

議長が定めるその日の会議、議事の進行に必要な順序(日時、件名、順序など)を記載した文書のことです。

◎議場

本会議場のことです。

◎議席

議員が本会議場で指定された席のことです。瀬戸市は傍聴席から見て、最前列右から議席1番、左へ23番とつづき、最後方左端が26番です。

◎議長

議員の中から、議員選挙で選ばれます。議長は議会を代表し、市議会のスムーズな運営や議事の整理をしたり、議場の秩序を保つなど多くの権限を与えられています。議長の任期は原則4年ですが、瀬戸市は1年任期です。

◎休会

会期日程中に一日単位で本会議の活動を休止することです。

◎休憩

会議の途中で一時休止することで、議長はいつでも休憩を宣言する権限をもっています。

◎継続審査

会期中に議案などの審査、調査を終了するのが困難な場合、議会の議決により会期が終了した閉会後も引き続き付託を受けた委員会で審査、調査を行うことです。

◎決議

議会が行う意思決定行為で、政治的効果や議会の意思を対外的に表明することが必要であるなどの理由でなされる議決のこと。決議の多くは法的根拠はありません。例えば、祝賀・表彰・要望・勧告に関する決議などがあります。  

 

骨格予算

年間予算として、政策に係る収支を除き人件費など義務的経費を主として必要最小限の収支を計上する予算です。首長の改選直前に作成されることが多い。  

 

【さ行】  

採決

議長が出席議員に、案件に対する賛否の意思表示を求め、その意思表示を集計することです。起立による採決のほか投票による採決、異議の有無を諮る簡易採決があります。  

 

採択

提出された請願の内容について、議会として賛同することです。否認する場合は「不採択」となります。  

 

散会

その日の議事日程に記載された事件のすべての審議を終了してその日の会議を閉じることをいいます。  

 

参集

議員が首長の議会召集に応じて、所定の場所(議場)に集合することです。

 

暫定予算

当初予算が年度開始前に成立しない場合など、暫定的(つなぎ)予算のことをいいます。  

 

事件

事柄、事項。一般的に予算や条例関係以外、その他の議案をさしていいます。  

 

施政方針

1回定例会議の初日に、市長が議案の提案理由とあわせて翌年度の主要な施策について発表することをいいます。  

 

質疑

議題になっている議案について、市長など議案提案者に問い質すことをいいます。議題になっている事項に関してだけ行われ質問とは異なります。また自己の意見は述べられません。  

 

執行機関

市の意思を自ら決定し、執行権限を有する機関のことです。市長や教育委員会など行政委員会が執行機関で、議会は議決機関といいます。  

 

質問

定例議会で施策一般について執行機関がどう取り組んでいるのか、今後どのように対応するのかを議員が質すことをいいます。 (注)質疑  

 

市当局

議会で説明者として出席する市の行政執行をしている人たち。市長、副市長、部長などです。(傍聴席に対面している人達)  

 

趣旨説明

議会に提出した案件について、提出理由と主な内容を明確に するために提出者が行う説明のことです。  

 

召集

議会を開くために、議員に一定の日時に一定の場所(議場)へ集合することを要求することで、議会召集は市長の権限です。議員定数(瀬戸市は26名)の4分に1以上(7名)の議員から請求があった場合、市長は臨時会を招集しなければなりません。  

 

召集告示

議会召集権は市長にあります。市長は議会を開くために「召集 告示」を議会開会7日前までに行います。  

 

上程

議案などを議事日程に組み入れて議題とし、審議の対象とすることです。進行中の本会議の途中でも急きょ追加される場合もあります。  

 

常任委員会

条例で定めて常設する委員会のことです。本会議のほかにいろいろな部門に分けて議案や請願などについて詳しく調査審議を行うための委員会です。議員は議長も含めて必ずどこかの常任委員会に属します。瀬戸市の常任委員会は◎総務生活(市長直轄組織防災課、行政経営部、市民生活部、消防本部、出納室、監査委員、選挙管理委員会、公平委員会、固定資産評価審査委員会の所轄に属する事項及び他の常任委員会の所管に属さない事項)◎厚生文教(健康福祉部、教育委員会の所管に属する事項)◎都市活力(交流活力部、都市整備部、農業委員会の所管に属する事項)◎予算決算(議員26名全員)  

 

条例

自治体の事務執行のよりどころとして、自治体自ら制定する法令のことです。憲法94条を受けて、自治法は法令に違反しない限りにおいてその事務に関して制定できるとしています。制正、改正、廃止は議会の議決が必要です。  

 

除斥

議案を審議するときに、その議案と利害関係のある議員を審議に参加させない制度で、公正な審議を行うことを目的とします。その審議が終結すれば再度入場できます。  

 

審議

本会議で付議事件について説明を聞き、質疑し、討論し、表決をするという一連の過程のことをさします。  

 

審査

委員会において本会議の議決対象となる議案や動議など特定事件について議論し、一応の結論を出す一連の過程のことをさします。  

 

請願

住民が国や地方議会に対し、文書で要望を申し述べることをいいます。請願には必ず内容に賛同して署名する議員が必要です。これを紹介議員といいます。本会議で所管の委員会に審査の付託をし、最終的には本会議で採択・不採択等が決定されます。採択された請願は市長や関係行政機関に送られます。請願は憲法にある国民の権利です。  

 

政務活動費

地方自治法に「普通地方公共団体は条例の定めるところによりその議会の調査研究に資するため必要な経費の一部として、政治活動費を交付することができる」と規定しています。瀬戸市は年額15万円。交付を受けようとする議員は議長を経由して市長に提出します。  

 

全員協議会

議員が召集によらず、また正規の議員活動の手続きによらずに協議する会合のことです。正規の議会活動ではないので法的に有効な議決はできません。  

 

専決処分

議会が議決しなければならない条例や予算について、市長が議会に代わって決断、決定することをいいます。時間的に議会の開催を待てない緊急の場合や議会が成立しないときなど、法律の規定による場合は次の議会に報告し、議会の承認を求めなければなりませんが、専決処分が無効になることはありません。一定金額以下の自動車事故についてその損害賠償額の決定など軽易な事項で市長に委任した場合に行われます。  

 

【た行】  

代表質問

議会に所属する会派を代表して、行政事務全般にわたり市当局に事務の執行状況や将来の方針などについて尋ねることです。

 

陳情

請願と同じく住民が国会や地方議会に対し、文書で要望することですが、紹介議員は不要です。陳情は本会議での採決はありません。

 

定足数

会議を開き、審議を進め、意思決定するために必要とされる最小限の出席議員の数です。特別な場合を除き議員定数の半数以上と決まっています。(瀬戸市は13名以上)

 

定例会

定例的に召集される議会のことで、各自治体が条例で定める回数を召集します。瀬戸市では年4回、3月、6月、9月、12に召集されています。

動議

会議の途中で議員が予定議案以外のことがらを議題にするよう 求めることです。それが議題として取り上げられるかは会議における採決により決まりますが、会議規則で定めた人数以上の賛成者を必要とします。

 

当初予算

年度開始前に年間予算として編成し、成立した予算をいいます。

討論

議員が議題の表決の前に、議題となっている議案などに対し、賛成か反対の意見を表明することです。単に賛否の意見を言うだけでなく、意見の異なる議員に同調させることが目的です。

 

特別委員会

常任委員会に対し、特定事件を審査する必要がある場合などに議会の議決によって設置される委員会のことです。瀬戸市では決算特別委員会が毎年9月に開かれていましたが、27年度より予算決算委員会として全議員所属となりました。予算編成時と決算時に全議員が審議できるようになりました。

【な行】  

年長議員

改選後の最初の議会で議長選挙を行う際に最年長者が仮の議長となります。このときの最年長者を年長議員とよびます。275月現在、瀬戸市議会の年長議員は森英一氏です。

 

【は行】  

発議

議員が議事の対象となるべき問題を提出することですが、主に議員が議案を提出することをいいます。「発案」も同意語です。

 

発言通告

議員が一般質問を行う際に、あらかじめ議長に質問の趣旨などを告げておくことをいいます。

 

表決

議員が議案などに対して賛成、反対の意思表示をすることです。議長が表決をとることを「採決」といいます。採決は議長側からの表現です。

 

副議長

副議長も議員から選びます。瀬戸市の任期は1年です。

 

不採択

請願の内容について、議会として賛同しないことです。

 

付帯決議

議案を議決するにあたり、議会として執行上の要望です。法的拘束力はありませんが、政治的に尊重されるべきものとされています。

 

付託

議会の議決を要する議案や事件などについて、議会の議決に先立ってより詳しく専門的に検討を加えるために、担当の委員会へ審査を委ねることをいいます。委員会審査が終結すると委員長は本会議で結果を報告し、審査結果を参考にして本会議で議決されます。

 

法定数

地方自治法第91条で人口規模により定められている議員定数のことです。議員定数は条例で減少することができます。瀬戸市の人口は約13万人、自治法の定める議員定数の上限数は34です。瀬戸市議会議員定数は275月現在26人です。

補正予算

当初予算成立後の事情により、変更を加える予算です。

 

本会議

全議員で構成された議場で行う会議のことをいいます。原則として議員定数の半数以上の議員が出席しなければ開くことができません。議長を中心に条例案や予算案などの議案について話し合ったり、市長や職員幹部など執行機関に対し行政に関する一般質問を行います。会期のはじめに本会議が開かれ、すぐに議決できるものはそこで議決し、検討を要する案件は各委員会に付託されます。会期中は各委員会で詳しく審議を行い、会期の最後に再び本会議を開き、委員会の結果を議員全員で議決します。

 

【や行】  

 

予算

一定期間における収入支出の見積りや計画のことをいいます。予算の提案権は市長の専属で、議員には認められていません。予算は議会の議決により成立します。ただし議会の議決を経ないで予算成立する例外として専決処分などがあります。

 

【ら行】  

臨時会

臨時会定例会のほかに、必要な特定の事件や事案に限って審議するために随時召集される議会のことです。  

もっと詳しく知りたいかたは「瀬戸市例規類集」をお勧め します。